体験ダイビングの当日の流れ

青の洞窟での体験ダイビングは、どのような流れで行われるのでしょうか。

シュノーケリングも同様ですが、まずは時間までに待ち合わせ場所にナッテイルダイビングショップや、真栄田岬の方へ移動します。

持ち物は前の日にショップと確認しておきます。

レンタルするウエットスーツやブーツなどのサイズもあらかじめ指定しておきます。

現場についたら申し込み用紙に記入、着替えなどをして、ダイビングについての説明を受けます。

レンタル器材を身に着けて、サイズなども確認します。

海に入る時の注意を受けることになります。

体験ダイビングも浅いところで練習して水になれます。

初めての人は、ここでインストラクターさんの助けを受けて、準備を整えましょう。

体験ダイビングがスタートすると、海の中から魚が見えます。

最初はすごく不思議に感じますが、水の中でも息ができちゃいます。

沖縄の青の洞窟の体験ダイビングは、全部で1時間程度の長さです。

ダイビングのライセンスがなくても誰でもチャレンジできます。

ここでの体験に感動したから、ライセンス取得を考えるきっかけになったという人も少なくないです。

水の中って少し怖いと思いながらも、大自然を肌で感じる経験ができます。

海が好き、沖縄が好きという人にはおすすめです。

また、ライセンスを取得すれば、マリンスポーツを一生の趣味にすることだってできます。

南の島への旅行の目的が大きく変わり、体験できることの範囲がぐんと広がります。

ライセンスがあれば、より深い場所までもぐって、より長い時間ゆっくりと海中世界を楽しむことができるようになります。

コメントは受け付けていません。