シュノーケリング当日の流れ

青の洞窟でのシュノーケリングは、どのような流れで行われるのでしょうか。

シュノーケリング初心者も、泳ぎがそれほどうまくなくても、インストラクターがついて安全に参加できるのが、沖縄のマリンスポーツです。

青の洞窟ツアーに参加する際には、事前に予約をしておくといいでしょう。

シュノーケリングの当日は、時間までに集合場所に集まります。

ダイブショップ発着のツアーがある一方、真栄田岬での待ち合わせのところもあります。

レンタカーで移動する人は、前もってどのくらい移動時間がかかるのか、確認しておきましょう。

待ち合わせ場所についたら、最初に申込み書の記入をします。

シャワーや更衣室などの説明を受けて着替えをします。

シュノーケリングが初めての人も、説明を丁寧にしてもらえるので安心です。

レンタルで借りる器材を受け取って、サイズなどを確認します。

その場で、海に入る時の注意点や説明をうけます。

その場で説明を受けるだけじゃ不安、という人は事前に予習をしていくといいですね。

いくらプロが一緒にいる、きちんと説明をして貰えるとはいえ水中はこわいですから、備えておいて無駄ということはありません。

シュノーケリングのやり方とは・・・ 〈シュノーケリング(スノーケリング)>゜))))彡

シュノーケリングといっても、ウエットスーツに手袋、ブーツ、マスクといったいでたちになります。

初めて身に付ける人もいるかもしれません。

それぞれサイズ感があるので、確認しておきましょう。

これだけの装備なので、普通にビーチで泳ぐよりは日焼けしません。

首や顔は日焼け止めをぬっておくといいでしょう。

海に入るときは、最初に浅いところで水に慣らします。

最初はおそるおそる海に入っても、すぐに沖縄の透明な海に慣れて、楽しくなってくるから不思議ですよね。

魚がすぐそこを泳いでいるのが見えますよ。

シュノーケリングツアーでは、たくさんの魚に出会えます。

透明度の高い美しい沖縄の海を堪能することができます。

多くの場合、ツアーは1時間前後を予定しています。

体力を使うので、日頃泳ぎ慣れていない人は、帰りの車の運転なども考えて、時間に余裕を持って移動するのもおすすめです。

シュノーケリングが終わったら、近くにある沖縄絶景カフェなどでゆったりした時間を過ごすのも人気です。

コメントは受け付けていません。